手書きか活字か


年賀状は現在パソコンで作成するソフトも存在しており、それによって文面を作成して印刷するというケースも増えています。それでは活字にするべきか、それとも手書きにするべきかどちらの方が良いのでしょうか。

ペンこれはケースバイケースで考えると良いでしょう。一般的な傾向としては年配の方ほど手書きにこだわるケースが多いです。逆に若い方の場合は活字でもまったく抵抗を感じない人の方が多いでしょう。むしろ手書きの毛筆で作成したとしたら、相手にプレッシャーを与えてしまう可能性もあります。

宛名だけは印刷しておいて、裏の文章は手書きで書くという方法もあります。あるいは自分の名前や相手の名前だけは手書きで書くという方法もあります。いずれにしても、送る相手がどのように感じるのかを想像することが大切でしょう。お世話になった方や仕事関係の付き合いのある方については、手書きにしておく方が無難でしょう。手書きの方が自分の気持ちを相手に伝えることができるでしょう。わざわざ手書きで作成してくれたということに感動してくれるかもしれません。手書きが珍しくなった時代だからこそ、手描きの年賀状というのは心のこもったものとなるのです。ただし、相手が読めるような字を書きましょう。最後に注意するべき点について紹介します。