注意するべき点

家年賀状では使ってはいけない言葉というものがあります。その一つとして忌み言葉があります。日本というのは言霊信仰というものがあります。縁起が悪かったり、不吉なイメージのあったりする言葉は使うべきではありません。たとえば去年の去という字です。これは去るや離れるという意味を連想させてしまいます。そのため、年賀状では去年という言葉は使われず、その代わりに旧年や昨年といった言葉が使われるのです。また、落ちるや切れる、終わる、離れるといった言葉も使わないようにしましょう。これらはできるだけ縁起の良い言葉に置き換えるようにします。

また、句読点も年賀状には入れないのが正式なマナーとなっています。句点を入れたい部分になったらそこで改行しましょう。また、読点のところで一文字開けることによって対応できるでしょう。いろいろと書き方を工夫して対応してください。

このようにして作成した年賀状はきちんと元旦に届くように出しましょう。そのためには12月25日までに投函するべきです。したがって、それまでに完成させなければいけません。つい後回しにしてしまうことが多いのですが、早めに用意しておきましょう。早い人は11月ぐらいからすでに準備をしている方もいます。

手書きか活字か

年賀状は現在パソコンで作成するソフトも存在しており、それによって文面を作成して印刷するというケースも増えています。それでは活字にするべきか、それとも手書きにするべきかどちらの方が良いのでしょうか。

ペンこれはケースバイケースで考えると良いでしょう。一般的な傾向としては年配の方ほど手書きにこだわるケースが多いです。逆に若い方の場合は活字でもまったく抵抗を感じない人の方が多いでしょう。むしろ手書きの毛筆で作成したとしたら、相手にプレッシャーを与えてしまう可能性もあります。

宛名だけは印刷しておいて、裏の文章は手書きで書くという方法もあります。あるいは自分の名前や相手の名前だけは手書きで書くという方法もあります。いずれにしても、送る相手がどのように感じるのかを想像することが大切でしょう。お世話になった方や仕事関係の付き合いのある方については、手書きにしておく方が無難でしょう。手書きの方が自分の気持ちを相手に伝えることができるでしょう。わざわざ手書きで作成してくれたということに感動してくれるかもしれません。手書きが珍しくなった時代だからこそ、手描きの年賀状というのは心のこもったものとなるのです。ただし、相手が読めるような字を書きましょう。最後に注意するべき点について紹介します。

内容について

年賀状
引用元 《年賀状印刷 | 2018年も早割でお得!ネットで注文【しまうまプリント】

年賀状を作成する際にはどのような内容にすれば良いのでしょうか。基本的には決まり文句を中心にしながらも、オリジナリティを出していくと良いでしょう。送る相手によって文体を変えるのも良いでしょう。

まずは新しい年になったことを祝う文句を書きましょう。これは賀詞といわれるものです。謹賀新年やあけましておめでとうといった言葉は必ず含めるようにしましょう。こちらはカジュアルな文章で書くのも良いでしょう。

次に昨年お世話になったことに対するお礼をしましょう。相手に助けてもらったことがあるならば、そのことについて具体的にお礼を書いておくのも良いでしょう。そして、今年もこれまでと変わらないお付き合いをお願いしたり、指導をお願いしたりするといった言葉を入れましょう。また、相手の健康や幸せを願うための言葉も含めましょう。そして最後には年号や日付、干支などを入れることになります。

基本的には短い文章に留めておくべきです。はがきの裏面に収まる程度の分量で良いでしょう。あまりにも長々とした文章を送るのは相手にとってプレッシャーとなってしまうでしょう。できるだけ簡潔にまとめておくことが大切です。短い文章の中で書きたいことをまとめていきましょう。次は手書きか活字かについて紹介します。

年賀状の書き方

今でも年賀状を送る習慣というのは残っています。日本では昔から新年を迎える際に年賀状を送るという習慣があります。これによって年始の挨拶をすることができるのです。前年にお世話になった方や親しい方に対して送ることになります。特に遠方に住んでいる方に対して効果を発揮するでしょう。普段、なかなか会うことがなく、こちらから会いに行くのもの困難な相手であっても、はがきを送ることはできます。書面で挨拶をすることによって、これまでと変わらないお付き合いを続けていこうという意思表示をすることができます。

人日本で郵便制度が整ってからは年賀はがきを用いて年賀状を送り合うという習慣はどんどん広まりました。最近はメールというものがあるために、特に友達同士ではメールで新年の挨拶を済ませるケースが増えています。それでも年配の方を中心として今でも年賀状を送っている方は多いです。

年賀状を楽しみにしている方も多いでしょう。今年はどれくらいの枚数年賀状をもらうことができるのか楽しみにしているという方もたくさんいます。そんな年賀状ですが、具体的にどのように書けば良いのか分からないという方がいるかもしれません。今年は年賀状を送ろうと思うけれども、これまでに人生で一度も年賀状を作成したことがないという方がいるかもしれません。そのような方のために年賀状の内容書き方注意するべき点について説明しましょう。年賀状について迷っている方はぜひとも参考にしてください。きっと役に立つでしょう。